Fanfic. Sou】 Epi.23 おとうさん♥

そうだったらいいのにな Episode 23「おとうさん♥」

青山きらり幼稚園の園庭に軽やかなメロディーが流れ出す。前園長が作曲したという「ごきげんよう」のメロディーは降園の時間を知らせる合図だった。
青のスモック型園服に薄いオレンジ色のベレー型園帽をかぶり、それよりも少し濃いめのオレンジ色をした通園バッグを肩から右に左に思い思いに斜めがけした園児たちが、靴を履いて園庭に集まってくる。
そんな園児たちの様子を門のあたりで眺めている恭一郎。外回りの方角と予定を終えて帰宅する頃合いを知ったサキから、奈津樹のお迎えを頼まれたからだ。[続きを読む……

Fanfic. Sou】 Epi.22 家族

そうだったらいいのにな Episode 22「家族」

外出時の必需品を入れたマザーズバッグを左肩に掛け、奈津樹の手を引いて恭一郎は藤野病院を訪れた。コンコンッ。恭一郎は病室のドアをノックする。
「どうぞ」
返事を聞いてドアを開けると、ちょうど母乳を与えているところだった。[続きを読む……

Fanfic. Sou】 Epi.21 階段の螢

そうだったらいいのにな Episode 21「階段の螢」

右手に火を付けたばかりの煙草、左手には、いつもテーブルに置いてある灰皿を持って、恭一郎は玄関を出た。階段を五~六段降りた所で、右側の隅に腰を下ろし、一度、小さく溜息をついて、煙草をくわえた。
11月も終わりとなると、夕食後は、すでに辺りが暗く、寒い。部屋の中は暖房が入れてあったので、背広を脱いだままでも気にならなかったが、サキの罵声を浴びて、そのまま勢いで外へ出て来たため、余計に寒さが身に染みた。
そうまでして食後の一服が吸いたかったかというと、そうでもなく、火を付けた“もったいなさ”と、ちょっとした“意地”だった。
スゥーッと、大きく吸う。赤く、暗闇の中に浮かぶ煙草の火は、季節を忘れた螢の舞いにも似ていた。
フゥーっと、寒空に向かって紫煙を吹き出す。勢いよく飛び出した煙は、徐々に薄くなり、やがて闇に溶け込んでいく。何度かそれを繰り返して、冷静に、さっきの自分の行いを振り返ってみる。
「確かに、俺の方が悪い……よな? たぶん…」[続きを読む……

Fanfic. Sou】 Epi.19 天使が舞い降りた日

そうだったらいいのにな Episode 19「天使が舞い降りた日」

※出産描写が、ちょっと生々しいかもしれません(^_^;)※

ん……、目を覚ましたサキは時計に手を伸ばす。午前三時を少し回っていた。
(何だ、まだ三時かぁ)
臨月に入ったサキは、腹部の重量感から寝返りを打つのにも苦労し、なかなか熟睡できなかった。
(トイレに行こう)
膀胱が子宮に圧迫されるので、トイレも近くなり、夜中に起きることも少なくなかった。
ゴソゴソとベッドを抜け出し、ガウンを羽織ってスリッパを履く。よっこらしょ、と立ち上がった瞬間! サキは自分の体から“生温いもの”が下りるのを感じた。[続きを読む……

Fanfic. Sou】 Epi.18 ジェラシー

そうだったらいいのにな Episode 18「ジェラシー」

※エロティックな表現を含んでいます※

電話を受けたサキは、相手と二言、三言、言葉を交わすと、送話口を手で押さえて後ろを振り返った。
「ムウ=ミサからだけど、ちょっと話したいって」
ソファに座って夕刊に目を通していた恭一郎は、読みかけで広げたままの新聞をバサッとテーブルに置くと、予期せぬ指名を不信に思いながら腰を上げ、サキの傍らに赴き受話器を受け取った。[続きを読む……

Fanfic. Sou】 Epi.17 上手(うわて)な彼女

そうだったらいいのにな Episode 17「上手(うわて)な彼女」

上司に呼び出される時は、新しい仕事の時と決まっていた。つい先日、フィリピンから帰国したところなのに、日本のスパイ組織も人使いが荒いな、とムウ=ミサは仏頂面で上司の前に立った。
「仕事といえば仕事だな。いや、仕事だ、と断定しよう。そうでもしないと……」
ムウ=ミサは、上司の口から出た話の内容に、ただただ、呆然とした。
「良いな? 胸に赤いバラだ。忘れるな!」[続きを読む……

Fanfic. Sou】 Epi.16 天使の名前

そうだったらいいのにな Episode 16「天使の名前」

 名前……、何が良いかなぁ。

 誰の名前?

 誰のって、赤ちゃんのに決まってるじゃないか!

 怒るなよ、冗談だってば。[続きを読む……

Fanfic. Sou】 Epi.15 天使は初夏の風に乗って

そうだったらいいのにな Episode 15「天使は初夏の風に乗って」

サキの“疲れたから”の一言が決め手となって、成田で上手くムウ=ミサを蹴散らしてから、早くも三週間が経っていた。ムウ=ミサは、どうやらおジャマ虫する暇もなく、次の仕事に就いたらしい。
結婚前と、さほど変わりがないように見えて、でも何となく変わった風にも思える日常生活のペースに、サキも恭一郎も慣れてきた矢先、急な仕事の依頼が来た。ほのかに漂っていた甘いムードも、ピリリッとした緊張ムードに変わった。イチャイチャお預けで深夜まで、スガと三人して資料の山とニラメッコ。
「一息つかない? いい加減、疲れちゃったよ」
ふぅっ、と軽い溜め息をついて、サキは恭一郎に話し掛けた。
「そうだな、ここらで一服するか」
「じゃあ、コーヒー入れますね」
スガが先に立ち上がりキッチンへ。サキも立ち上がってその場で大きく伸びをしてから、キッチンへ歩いて行った。
恭一郎も伸びをして、内ポケットから今日二十数本目の煙草を取り出し、火をつけた。[続きを読む……

Fanfic. Sou】 Epi.14 蜜月は甘くない?

そうだったらいいのにな Episode 14「蜜月は甘くない?」

何度も時計に目をやっていたMr.ゴルドは、待ち人の到着の知らせに目を輝かせた。
「久しぶりだね。……父さん」
“サキ”として、面と向かってMr.ゴルドのことを“父”と呼ぶのは初めてだったので、少し照れがあったサキだったが、Mr.ゴルドは直に サキから“父”と呼ばれたことに、この上なく幸福を感じていた。
旅の疲れと時差ボケを考慮して、その日の夜はゆったりと三人だけでのディナーだったが、次の日の夜には、Mr.ゴルドが心を許した極々親しい人たちを招いて、ささやかなパーティが行われた。サキはMr.ゴルドが見立てたウェディングドレスを着て、恭一郎はタキシードを着せられて、二度目の披露宴を楽しんだ。[続きを読む……