大投稿

投稿ページはブログの本体~公開の記事 全出に

NEWS】出版社側の対応が出ました『和田慎二傑作選 血塗られた恐怖』

書籍回収のお詫びとお知らせ | 秋田書店

収録された『左の眼の悪霊』の中に『夏に来たイブ』の原稿が混じって印刷製本されてしまった『和田慎二傑作選 血塗られた恐怖』の不備について、上記のように秋田書店より2021年1月19日付で公式発表がありました。

やはり返品交換のようです。購入者は手元の同書を着払いで秋田書店へ送ると、2月中旬頃に正規本が送られてくる予定だそうです。

返送先など詳しくは上記の該当記事をご覧ください。

また上記ページからリンクされている書店向け回収依頼書 書籍早期回収のお願い(pdf文書)には、帯の色が変更されることも書かれてありました。(2021.01.21)

帯の色を現行の赤色から青色に変更いたします

購入時の参考にしてください。

NEWS】好評発売中『血塗られた恐怖』(編集印刷ミスについてのご注意!)

本日2021年1月15日に待望の新刊『和田慎二傑作選 血塗られた恐怖』が発売されました。
和田慎二傑作選 血塗られた恐怖 | 秋田書店

しかしですね、すでに購入されてお手元にある人は気づかれたと思いますが、最後に収録されている『左の眼の悪霊』冒頭カラーページに、なぜか編集ミスで、この本には収録外の『夏に来たイブ』冒頭カラーページが差し込まれ印刷製本されています。

何度もチェックがあったはずなのに、なぜこんなミスが起こってしまったのか?

通販で予約し、私の元へはお昼頃に届いたのですが、パラ見していて気づき速攻で秋田書店公式サイトの問い合わせメールフォームより連絡しました。(私の他にも連絡した人がいてBBSに書き込んでくれました)

……とこれを書いている間に、問い合わせメールの返信が届きました。秋田書店のメール担当者様、ありがとうございます。引用させていただきます。

週明けには対応を弊社公式サイト等にて告知いたしますので、もうしばらくお待ちください。

とのことでした。購入したみなさま、あわてず少しお待ちください。

NEWS】収録作品の詳細『和田慎二傑作選 血塗られた恐怖』

秋田書店公式ページが更新されて『和田慎二傑作選 血塗られた恐怖』の収録内容が正式に公表されました。和田慎二傑作選 血塗られた恐怖 | 秋田書店

収録作品は『呪われた孤島』『朱雀の紋章』『左の眼の悪霊』『あとがき物語』『メイキング・オブ・朱雀の紋章』となっています。

また恒例のトリビュートイラスト集や、竹本泉さんへのインタビューもあるそうです。

(ここからはプリンセス2月号本誌よりの情報)
トリビュート参加は(敬称略)市東亮子、新谷かおる、竹本泉、福井あしび、室長サオリ、森勇気の6名。
竹本泉さんに突撃インタビューする「みぃさん」は、なんと和田慎二さんのお嬢さんなんだそうです!
裏表紙裏のカラーページ予告では未収録作が読める!!とありますが、これはたぶん『メイキング・オブ・朱雀の紋章』かな?と思います。『ミステリーボニータ』付録時に描かれたメイキング。
とすれば、もう一つの『あとがき物語』は他社コミックス収録の『呪われた孤島』や『左の眼の悪霊』のメイキングをまとめたものと予想します。

NEWS】プリンセス2月号 好評発売中!

秋田書店『月刊プリンセス』2021年2月号が発売されました。プリンセス 2021年2月号 | 秋田書店

表紙を飾るのは『時をかけるスケバン刑事』作画者室長サオリさん画の麻宮サキと、近年では傑作選シリーズのトリビュートイラストでおなじみの森勇気さん画の麻宮サキ。そしてプレ新連載の『Re:スケバン刑事』作画者福井あしびさん画の麻宮サキが左下に小さく。三人のサキの競演です。

巻頭カラーで始まる『時をかけるスケバン刑事』は、そのタイトル通りファンタジー感のある現代設定物語。カラーページ途中に本家『スケバン刑事』の説明も挿入され、初めて『スケバン刑事』に触れる人にも優しい構成です。

プレ新連載の『Re:スケバン刑事』は要は予告編ですね。原作超準拠の完全リメイク物語!!だそうですよ!

1月15日発売の『和田慎二傑作選 血塗られた恐怖』の告知ページもあります。収録作品やトリビュートイラスト等の参加者名などが紹介されています。予告カットに使用された一つは『スケバン刑事』連載時に、雑誌の柱部分に描かれた(ふたたび地獄城 1話目)コミックス広告カットです!コミックス収録時には描き替えられてしまったレアもの。

別冊付録の『「スケバン刑事」プレミアム・コミックス』は判型、カバー付き、奥付等、紙質を除けばまさにプリンセスコミックスの装丁で、凝りに凝った一冊となっています。(電子版2月号でも付録が読めます)

アンケート懸賞には表紙画(室長サキ&森サキ)のQUOカードもプレゼント品の一つになっています。懸賞応募には紙版本誌のアンケート回答用紙(ハガキ貼付用)またはパスワード(携帯スマートフォン用)が必要になります。

裏表紙まで和田慎二ファンには嬉しい構成の『月刊プリンセス』2021年2月号は、紙版税込¥770(本体¥700)、電子版税込¥652(本体¥593)で好評発売中です。

NEWS】プリンセス2月号が試し読みできます

漫画や小説などがレンタルで読める電子書籍サイト「Renta!」で『月刊プリンセス』2021年2月特大号が試し読みできます。

プリンセス 2021年2月特大号 | プリンセス編集部 | 電子コミックをお得にレンタル!Renta!

ページ下部の「単巻レンタル」項目の無料サンプルボタンをクリックすると、表紙や目次等を含め全部で23ページ分が試し読みできます。『時をかけるスケバン刑事』は扉絵含む冒頭19ページが読めます。

目次ページ左下の注意事項には記事などに表記があっても、付録はついておりません。と出ています。一般的に電子書籍版の雑誌では付録は付いていないそうなので、別冊ふろく『「スケバン刑事」プレミアム・コミックス』が欲しい場合は、紙版の2月号を購入してください。

NEWS】書影が出ました『血塗られた恐怖』

秋田書店公式ページにはまだ出ていませんが、Amazon、楽天ブックス、ヨドバシ、版元ドットコム、honto、の各商品販売ページに『和田慎二傑作選 血塗られた恐怖』のカバーイラスト画像が掲載されました。

和田慎二傑作選 血塗られた恐怖 (書籍扱いコミックス) | 和田慎二 |本 | 通販 | Amazon
楽天ブックス: 和田慎二傑作選 血塗られた恐怖 – 和田慎二 – 9784253107907 : 本
ヨドバシ.com – 和田慎二傑作選 血塗られた恐怖(書籍扱いコミックス) [コミック] 通販【全品無料配達】
和田慎二傑作選 血塗られた恐怖 和田慎二(著/文) – 秋田書店 | 版元ドットコム
和田慎二傑作選 血塗られた恐怖 (書籍扱いコミックス)honto

タイトル通り、おどろおどろしい怖い感じのカバーイラストですね(^_^;)

収録作は既出の『朱雀の紋章』以外はまだ正式に出ていませんが、イラストから分かるように『左の眼の悪霊』と『呪われた孤島』も入ります。(←これは信頼できる確かな情報筋からも聞きました)

無駄話】なぜ今『月刊プリンセス』で『スケバン刑事』をリメイクするのか?

昔『コミックフラッパー』の読者ページに、掲載作の明日香シリーズ以外の和田作品や和田キャラの話題が載ることがありました。

単純に私は「編集部による和田ファン向けのサービス」としか思っていませんでしたが、実際にその「関係」を調べたある人はこう言いました。

掲載作品以外の話題が出たら、近いうちにそれらの「何か」があるということ。(大意)

フラッパーの読者ページの話題と、その後の和田作品の動向を調べたら、他作品やキャラの話題が出た少し後に、それらの新作がフラッパー誌に載ったり、MFコミックスで再刊されたり、という結果だったそうです。

いくら和田さんが看板作家の一人だったとはいえ、その雑誌に直接関係ない作品やキャラの名前を出すことは、他の作家のファンにしてみれば(基本的に)意味不明なことで、喜ぶのは和田ファンのみ。

そんなピンポイントな話題を、狭い(だいたい3Pくらい?)読者ページに字数を割いて入れる意味は、やはりある種の「予告」を兼ねていたからと考えるのが自然なんだそうです。

その話を聞いてから、今年(2020年)で17年が過ぎました。

そこで本題です。なぜ、今、秋田書店の『月刊プリンセス』で『スケバン刑事』をリメイクするのか?

まず、なぜリメイク掲載は『花とゆめ』ではないのか。答は簡単、それは「出版上は白泉社と決別しているから」です。

白泉社からは2000年頃、版権が引き上げられて和田さんの著作品は絶版になっています。それ以後も雑誌の歴史(創刊何周年の話題など)で『スケバン刑事』の文字を見ることはありますが、コミックスの再刊には至っていません。

白泉社で和田慎二作品の出版はもう無理なんです。リメイク作品も以前の掲載誌『花とゆめ』では無理なんです。

では、なぜ秋田書店の『月刊プリンセス』掲載なのか。

こちらは想像がつくと思います。2016年から『和田慎二傑作選』シリーズを刊行している出版社の雑誌だからです。もう少し細かく見れば、たぶん傑作選の編集を担当している人が、今はプリンセス編集部の所属なんだろうと。

しかしですね、傑作選シリーズで和田作品の刊行はされていても、肝心の本編『スケバン刑事』はメディアファクトリーからの刊行なんですよね。

リメイク版で『スケバン刑事』という作品を知り、本編に興味を持った若い世代の読者。

かつては本編コミックスを持っていたけれど、長い年月の間に諸事情で手放してしまった往年のファン。

リメイクを切っ掛けに「本編を読んでみよう」「本編をもう一度読みたい」と思った人たちが出てくるのは、十分に予想されることです。そんなニーズを…埋もれていた本編に光が当たり、注目され、利益に繋がるニーズを…みすみす逃すのでしょうか?秋田書店は。

現在はKADOKAWAのブランドのひとつとなったメディアファクトリーですので、本編『スケバン刑事』のコミックスは「KADOKAWAの本」に分類されます。各巻が今どれだけ重版されていて、新刊本として流通しているのか分かりませんが、出版社同士のコラボ企画でもないのに、このままではリメイクが話題になればなるほどKADOKAWAに塩を送ることになり、秋田書店の利益にはなりません。

揃わない巻数は古書店やオークションで手に入れる人も出てくるでしょう。そうなると和田さんのご遺族にも利益をもたらしません。

そこで前述した、読者ページと新作や出版物の話。その時はファンサービスのように見えた事柄も、実は意味(出版社側の思惑)があったということ。その話を重ねてみると……。

なぜ、今、秋田書店の『月刊プリンセス』で『スケバン刑事』のリメイクなのか?も「そういうことですよ」と。リメイク企画の先にある「何か」をお察しください。

なんとなく理屈は分かるけど、何を根拠にそう導き出すのか(仮説の断定)納得いかない人もいるかと思いますが、これもいろいろお察しいただくか、いったんこの話は忘れていただいて、後日「あ、そう来たか!」と思った時に、そういえばあそこの管理人が何か言ってたな…くらいに思い出してくだされば幸いです。

ENQUETE】他作家による続編やリブート等について

投票は終了しました。(2020.12.04)
実際に『スケバン刑事』のリメイク企画がスタートしましたので(関連記事:NEWS】プリンセス誌にて他作家による『スケバン刑事』リメイク作品2編始動!)、ファンの意識調査としては役目を果たしたと思い終了させました。
投票に参加ご協力いただいた皆様に感謝します。

*****

思いつくままにアンケート4。
亡くなった作家の作品を公認の他作家が描き継いで完結させたり、時代に合わせて描き直したりする企画があります。和田作品についても、そうした他作家による続編やリブート等を望みますか?(もちろん、極力絵柄を似せること前提で)

投票は一度だけです!
選択を間違えた等で修正して再投票や、二度目、三度目といった複数回の投票は出来ません。どうかご了承ください。

他作家による続編やリブート等について

  • 漫画で読みたい、ぜひやって欲しい。 (23%, 3 票)
  • 小説なら読んでみたい、自分で場面など想像するから。 (15%, 2 票)
  • 漫画も小説も望まない、和田さんの代わりはいないから。 (62%, 8 票)

総回答者数: 13

読み込み中 ... 読み込み中 ...

NEWS】プリンセス誌2月号別冊ふろくはスケバン刑事プレミアム・コミックス

他作家による『スケバン刑事』リメイク作品の連載がスタートする(関連記事:NEWS】プリンセス誌にて他作家による『スケバン刑事』リメイク作品2編始動!)秋田書店『月刊プリンセス』2月号には、別冊ふろくとして『「スケバン刑事」プレミアム・コミックス』が付いてくるそうです。

あの伝説の少女漫画がよみがえる!とか、永久保存版とか、ファン垂涎の特別企画!とかのキャッチコピーが物語るように、とにかくスゴイ付録らしいです。

どこがスゴイのか? 選りすぐりのエピソード(どの話が収録されるのかな?)の他、担当編集者さえ見たことがないという秘蔵のラフ画などが大量に掲載されるそうです! これは楽しみですね(^_^)

NEWS】プリンセス誌にて他作家による『スケバン刑事』リメイク作品2編始動!

秋田書店『月刊プリンセス』2021年2月号より『スケバン刑事』を元にした、他作家によるリメイク作品2編の連載が始まります。12月4日発売の同誌1月号に掲載されている2月号予告ページで告知されました。

室長サオリさん作画による『時をかけるスケバン刑事』(表紙&巻頭カラー)と、福井あしびさん作画による『Re:スケバン刑事』(プレ掲載、本格的には3月号よりスタート)です。

追記:午後に出たコミックナタリーさんの記事でもリメイク作の話題に触れています。
「王家の紋章」カレンダーがプリンセスに、次号「時をかけるスケバン刑事」など開幕 – コミックナタリー

時を超え紡がれる新しい“スケバン刑事”伝説
(時をかけるスケバン刑事)

昭和の王道、令和に通ず!現代に蘇る、麻宮サキ伝説プロローグ!
(Re:スケバン刑事)

絵柄のタイプが違う2人の漫画家による、新しい令和の時代の『スケバン刑事』たち! まさか?思いもよらない展開になりました(^_^;)

NEWS】2021年1月分の新刊情報をお楽しみにでお知らせした「和田さんが関係する何かの企画」第1弾というところでしょうか。

詳しいことは、その目でプリンセス誌1月号の、2月号予告ページをご覧ください。巻末の他、巻頭(王家の紋章扉裏)のカラー予告もお見逃しなく(^_^)