大投稿

投稿ページはブログの本体~公開の記事 全出に

NEWS】花とゆめ展 来場者特典とコラボカフェ(グッズ情報等追記)

※展覧会出展作品名とオリジナルグッズの情報が追加されました。(2024.05.21)

原画出展作品は『スケバン刑事』です。これは公式サイトのポップアップ記事「見どころの詳細」でも紹介されていましたが、同時連載がスタートした『ガラスの仮面』と共に連載第1回目の扉絵が並ぶそうです。

会場限定オリジナルグッズで和田慎二さん関係ではポストカードがあります!全作家のポストカードを制作したそうなので『スケバン刑事』もあります。どんな絵柄か?楽しみですね。既報の展覧会公式図録と共に思い出の1つとなりそうです。


2024年5月24日から東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催される「創刊50周年記念 花とゆめ展」の追加情報が出ました。

来場者特典の「サンキューカード」にスケバン刑事の絵柄があります。展覧会イメージ画像にも使われている、花とゆめコミックス21巻カバーイラストです。(ランダム配布)来場者特典詳細

そしてまさかのコラボカフェメニュー!8品あるメニューの中に『麻宮サキの「卒業スパークリングワイン」』がありました!ノンアルコール飲料なのでアルコールが苦手な人も注文できるかと。しかもコラボメニュー1品につき1枚、特製コースターが付いてきます!(ランダム配布)こちらで使われている画像は麗巳編最終回の扉絵です。コラボカフェ詳細

来場特典もカフェコースターも、どちらも「ランダム配布」というのが非常に曲者であり悩みどころです。自分の運を信じて一発当てに賭けるか、マッチングした交換先が見つかるように祈るか、とにかく徳を積んで(^_^;)引き寄せるしかなさそうですね。

雑感記】プリンセス2024年4月号~6月号……をポンっ!

※作品のネタバレありです。未読の人はご注意ください。
※4月号から6月号まとめて。


2024年4月号

スケバン刑事Pretend 第25話(最終回)

  • サキを迎えに来る神さんとか、すべて終わったあと「久しぶりだな近くまで来たから」と校門の所で消えゆくサキ神とすれ違う沼さんとか、夢でしたわぁ~!
  • サキちゃんは本当に妖精だった!ヨーヨーのヨーセー。
  • あたしがいるから、あなたがいる。あなたがいるから、あたしがいる。善と悪は表裏一体、どちらかが固定の善と悪でなく入れ替わるという邪念麗巳の理論にアガナードとエルゾを思い出したり。←地域によってエルゾ善神アガナード悪神だったでしょ。(あるいはトリトン族とポセイドン族)
  • なぜ発生したのか理屈は野暮としても邪念麗巳が梨花に取り憑いたからヨーヨーサキが舞い降りてきたわけで。やっぱり諸悪の根源は邪念麗巳てことじゃ?
  • 梨花自身に取り憑いているからか!?刻印が見つからない、狙い所が分からず躊躇する亜沙美のピンチを救ったのが、ミカのヨーヨー。これって梁山泊で信楽老の刀を打ち砕いた、神さんの最後の銃弾エピソードのオマージュ!!初見から数回は引っかかりながらもスルー、いよいよ最終回の感想をまとめようと改めて読み返して「あ!」遅すぎ!
  • そしてこれも気づくの遅すぎか?赤青黄の三つのヨーヨーはドラマ版が3作なのをヒントに分割したのかな?ということ。何故ドラマ版のヨーヨーを模していたのかが、一つの「模様のない赤い」元の(サキの)ヨーヨーに戻ったことで、あぁ…そうなのかと。
  • 個人的にはちょっと消化不良気味な感じもあるけどね。玲衣までの戦いが割と原作エピ利用のオマージュしてたので第二部もオマージュ入れながらもっと続くと思っていたので。
  • 第二部は初めからこの長さだったのか、諸事情とか何とかで巻きが入って二部を始める前の予定より短縮形になってしまったのか、詳細を知ることはできないけれど、春になって新学期が始まり元気になった真樹ちゃんが鷹ノ羽の校門をくぐってENDマークという、きれいな未来あるラストページに拍手!

Re:スケバン刑事 第25話 悪魔のめざめる時1

  • 本家「悪魔のめざめる時」1話目2話目をまとめて1話分に。扉絵が同じクモの巣でもサキが捕らわれているようで本家とは意味違いな感じ。
  • 三平社長業から、一瞬K字鋼を挟んで、おしりタッチで和解まで。バッサバッサと削ぎ落として位置替えもしながら貼り合わせての偉業。すごい。
  • 小座倉に寝返った裏切り者たちを即クビ!にしないのは優しいわぁ、だから小座倉老の「一度裏切った者が…」のセリフもなし。ちょっと残念、好きな台詞なんだけどなー。
  • なしといえば美幸の「若ハゲ?」な問いも(^_^;)まぁギャグを入れる雰囲気でもないから。
  • 次回も本家2話分で1話なら、三平…(>_<)

2024年5月号

Re:スケバン刑事 第26話 悪魔のめざめる時2

  • 掲載位置が巻末は慣れっこ(それもなんだかなぁ…ですが)ですが、ページ数が!9ページ!?
  • 福井あしびさんのX投稿によれば今回は単行本調整のために短いページ数です。だとか。福井あしびさん2024年4月8日投稿
  • 三平が小座倉邸を訪ねるのではなく、小座倉廊が野分工業ビルにやってきたアレンジからの結婚承認。難関クリアめでたしめでたし、のはずが一気に不穏な展開に!
  • 毒蛇はお供を従えて昼間の街中を堂々と!視察?それとなくの挨拶?
  • 今回はページ数が短いから結婚式まで行かずに三平は命拾いすることに。良かったね~!このまま生存ルートに突入して欲しいよ!(切実)

2024年6月号

Re:スケバン刑事 第27話 悪魔のめざめる時3

  • 改めて「昭和」の説明からの扉ページ。最終章へ、のキャッチコピー。麗巳との死闘で終了確定ですね。
  • 扉ページの、幸せいっぱい笑顔の三平と美幸、神美尾スガ沼、小座倉老、両端のサキと後ろ姿のナツが野分工業ビルをバックに……が物語終結に向けての一歩といったところでグッときました。
  • 扉以降はほぼ原作「悪魔のめざめる時」3話目の招待状配りから結婚式までをトレースした展開。良い意味でアレンジが目立った最近では原点回帰、準拠版復活といったところでしょうか。
  • 用務員さんにも招待状を渡したが新鮮!で、これは個人的に好き!ポイント高い!
  • サキはまだ来ないのかと尋ねる三平が「美尾さんスガさん」と。スガちゃんでなくスガさん呼びも新鮮!で、Reの三平はほんとお坊ちゃん感が半端ない上品さがありますわねー。
  • 車側面に書かれた「JusT MARRIED」本家では「MERRIED」とスペルが…(^_^;)最終版となるだろう秋田新装版でも「E」のままだったのはご愛敬!?
  • 結婚式が終わったということは美幸はすでに入れ替わって。いや入れ替わりを匂わせるコマ(本家では遅い帰宅のアップ顔)が無いのでまだ美幸本人だと…と悪あがきな考えしてみたくなります。

雑感記】プリンセス2024年1月号~3月号……をポンっ!

※作品のネタバレありです。未読の人はご注意ください。
※1月号から3月号まとめて。


2024年1月号

スケバン刑事Pretend 第23話

  • 玲衣システム=鷹ノ羽や姫ヶ窪が参加してる「MEGAスクール計画」個人情報のハッキングシステムでFAよね?最初MEGAスクール計画そのものと解釈してて、どんだけすごいプログラマーなのかと驚いた(^_^;)ハッキングシステムだってすごいけどね、玲衣ちゃん。
  • 赤青黄に対して白は何の意味?変身せずにヨーヨーを使いこなす生徒会長は何者!?
  • 妖精サキ側は変身前提でヨーヨーが現れ、邪念麗巳が背後に居る梨花は変身しない前提でヨーヨーを使うということか?
  • 2月号休載で次回は3月号。ヨーヨーに巻かれた宇佐見と共に待つ!

Re:スケバン刑事 第22話 再び地獄城1

  • 円満退所!Re1話目での地獄城描写は3ページ弱、昭和で描いていても脱走はないだろうとは思っていて、でもどういう形で!?の疑問が解消された。
  • 院長が協力!退所同様に渋々ながら警視庁の依頼を受けてサキに協力する院長が本家からすれば別人すぎて戸惑い少々ある。
  • 本家地獄城の雰囲気は1ミリもなし!作業に名残がある程度のアレンジでストーリーはなぞりつつ独自路線で展開は嫌いじゃないよ?
  • 火喰鳥!しかも最初から敵側(麗巳の息が掛かっている)と分かる、サキを嵌める役割で登場とは。おもしろいアレンジ。
  • 濡れ衣!このパターン、斉藤由貴サキのクラスメイト一子のエピソードを思い出したり。
  • 神さんの事務所は大通りに面してる?本家だと横道一本入った割と静かな住宅街にあるイメージ。

2024年2月号

Re:スケバン刑事 第23話 再び地獄城2

  • 院長の拷問が始まるかと思ったよぅ。
  • 組織の長として同じ公的機関からの依頼や協力には応じるけれど、本家と同じように院長は基本的にサキを嫌っている感があるから、ビシッバシッな拷問が始まると思ったので、割とあっさり無実が証明されてちょっと拍子抜けだったり!?現代のコンプライアンスがー、でしょうか。
  • サキは関わっていない形の脱走騒ぎと壁穴アレンジで最後は原作の流れに戻るのだけど、火喰鳥が逃げた!これは意外で驚いた!
  • やはり現代のコンプライアンスがー、なんでしょうかね。結果的に刺殺になってしまうところを回避し、あくまでサキはクリーンな役柄に。そうなると火喰鳥の再登場に期待してしまうよぅ。
  • しかしですねぇ、それまで誰も縫合痕に気づかなかった!?検視したんでしょ!?……なんていう突っ込みは野暮?(^_^;)
  • というか、特殊樹脂製のマスクを皮膚に「縫い付ける」ことできるの!?布製品に付けるアップリケのように!?
  • 特殊樹脂製のマスクといったら土ワイ天知茂さんの明智先生が犯人追い詰めたところでベリベリベリッと剥がすイメージなので、縫い付ける発想さえなかったというか。
  • 麗巳と関係あるとされるフランスマフィア、もしかして復活前の猫と碧子かしら~?そうだったら、いずれ一瞬でも碧子が出てくるといいな~!

2024年3月号

スケバン刑事Pretend 第24話

  • 前校長はMEGAスクール計画の資金詐取で逮捕されたんですって~!
  • 個人情報のハッキング行為はサイバー犯罪だから宇佐見が来たんですって~!
  • 梨花会長の元々の素質を邪念麗巳が増幅させた!?玲衣も悪魔のささやき被害者!?
  • 蛇の刻印は邪念麗巳が関わっている証しとして浮かび上がってきたとして、白いヨーヨーはどこから来たのか、色の意味は何なのか。玲衣の背後にもチラリとシルエットで邪念麗巳がいたけれど、梨花の背後にも。しかも今度は目鼻がわかる程度に描かれていて。一番の元凶は梨花か!
  • 私たち二人の世界を壊した!碧子がサキを憎んでいたオマージュに思い、梨花=碧子確定のように見えて、でも邪念麗巳と並ぶ梨花を見ると「もしかして麗華?」な考えも捨てきれず。
  • 額の刻印といえば……宇佐見の額にも遺伝子レベルで刻まれた三日月傷が浮かび上がってないか確認する阿呆は私(^_^;)遺伝子レベルで刻まれた傷痕…どこの宇宙海賊だよ?
  • 扉ページにクライマックス、直前!とあり、ラストページに次回、堂々のフィナーレ!とあって、え?終わっちゃうの?と予告ページを見たら「最終回」の文字が。え?終わっちゃうの?

Re:スケバン刑事 第24話 愛のかたち

  • 三平の告白を中心に据えた大幅アレンジで、本家「愛のかたち」3話分を1話に凝縮。扉絵は3話目をリスペクト。
  • 凝縮してあっても三平の思い出1コマで、カットした事件を回収したのは良かった!沼さんと山奥の教会の面々とかゲンとユキとか。無法の街は若森が逃げるところだけだったからね。ナイス!
  • 一個だけどうしても突っ込みたいのは、整形外科じゃなくて形成外科か美容外科かと。いや今後の展開で本当に整形外科なのかもしれないかも?
  • それと地獄城での偽麗巳の正体バレを思い出してみると、著名でも優秀とは言えな……(^_^;)そもそも顔を整形(美容整形)したわけではなく……あ、だから「整形外科」なのかしら?
  • だってあれは特殊樹脂製のマスクを(縫い付けで)被らされていたんでは?(縫い付けというのもゴニョゴニョ…というのは置いておいて)

雑感記】プリンセス2023年12月号……をポンっ!

※作品のネタバレありです。未読の人はご注意ください。

スケバン刑事Pretend 第22話

  • 真樹ちゃんエスカレーターの姫ヶ窪を捨てて鷹ノ羽に来るのは「友達がいる」からなのねー、照れ顔かわいい。
  • 自警慎めがフラッシュバック。一瞬の怯みが真樹ちゃん巻き込んで……をを!?これは火のトラウマで榊原アコを狂わせてしまった、荊の檻エピのアレンジだよね?真樹ちゃん(>_<)

NEWS】プリンセス6月号好評発売中!

※5月号情報を投稿していませんでした、忘れていましたすみません。

秋田書店『月刊プリンセス』2024年6月号が発売されました。プリンセス 2024年6月号 | 秋田書店

小座倉老の許しを得て、いよいよ三平と美幸の結婚式が…『Re:スケバン刑事』第27話が掲載されています。それと扉ページについに物語は最終章へ!!の記述がありました。リメイクは麗巳との決戦までと思われます。

2024年6月6日発売の次号7月号も『Re:スケバン刑事』掲載です。

NEWS】月刊MOE 6月号「少女漫画大特集」

白泉社『月刊MOE』2024年6月号は「花とゆめ」「LaLa」から生まれた少女漫画大特集と題して、白泉社50年分の名作紹介や作家インタビューを掲載しています。

いくつかに分かれた紹介コーナーのうち「レジェンド・エリア」にて『スケバン刑事』が紹介されています。最新号|絵本のある暮らし|月刊MOE 毎月3日発売

NEWS】創刊50周年記念 花とゆめ展

2024年3月19日付けで「創刊50周年記念 花とゆめ展」の最新情報が出ました!(初出情報NEWS】花とゆめ創刊50周年記念原画展にスケバン刑事!

展覧会公式画像に『スケバン刑事』あります!(花とゆめコミックス第21巻カバー)そして公式サイトの出展作家一覧に「和田慎二」のお名前が!創刊50周年記念 花とゆめ展

おそらく本日3月19日発売の花とゆめ8号にも同様の最新情報が載っていると思われますので、チェックしておくといいかもしれません。

NEWS】プリンセス4月号好評発売中!

※3月号情報を投稿していませんでした。(投稿したつもりで実際は忘れていたというか…)すみません。

秋田書店『月刊プリンセス』2024年4月号が発売されました。プリンセス 2024年4月号 | 秋田書店

室水梨花の背後に憑く黒い影が主張する!サキは記憶を取り戻すのか?亜沙美たちの戦いは!?『スケバン刑事Pretend』最終回(第25話)、体調を崩した父に代わり社長の仕事を始めた三平だったが…『Re:スケバン刑事』第25話が掲載されています。

2024年4月6日発売の次号5月号も『Re:スケバン刑事』掲載です。

NEWS】プリンセス2月号好評発売中!

秋田書店『月刊プリンセス』2024年2月号が発売されました。プリンセス 2024年2月号 | 秋田書店

殺人容疑をかけられたサキは拘束されて…『Re:スケバン刑事』第23話が掲載されています。『スケバン刑事Pretend』は休載です。

2024年2月6日発売の次号3月号は『Re:スケバン刑事』『スケバン刑事Pretend』共に掲載です。

NEWS】プリンセス2024年1月号好評発売中!

秋田書店『月刊プリンセス』2024年1月号が発売されました。プリンセス 2024年1月号 | 秋田書店

真樹のケガは自分のせいと亜沙美たちはそれぞれ自責の念に駆られるが…『スケバン刑事Pretend』第23話、不審死を遂げる捜査官が持っていた写真の一つに地獄城に居るはずの麗巳の姿が…『Re:スケバン刑事』第22話が掲載されています。

2024年1月6日発売の次号2024年2月号は『Re:スケバン刑事』掲載、『スケバン刑事Pretend』は休載(次回は3月号)です。