大投稿

投稿ページはブログの本体~公開の記事 全出に

NEWS】『左の眼の悪霊』が紹介されています

辰巳出版より2020年7月3日発売された『私たちが震えた 少女ホラー漫画』(A5判 ¥1600+税)に、小さくですが『左の眼の悪霊』が紹介されています。

少女漫画誌やホラー系雑誌に掲載された、トラウマを誘うようなホラー作品を集めた『私たちが震えた 少女ホラー漫画』のなかの「『花とゆめ』が原点だった?!ゴシック・ホラー少女漫画」のコーナーで、ゴシックシリーズとして掲載された作品群の中に、和田さんの『左の眼の悪霊』から短いあらすじと共に前編の扉絵がカラーで収録されています。

その他、同シリーズ作品から(以下、敬称略)山田ミネコ『呪われた城』、竹宮惠子『Qの字塔』、ささやななえ『二頭だての黒い馬車』が短いあらすじと扉絵、三原順『祈りの鐘がひびくとも』扉絵、忠津陽子『ロザリンドの肖像』扉絵と冒頭14P分が収録されています。

わたなべまさこ『聖ロザリンド』や今市子『百鬼夜行抄』の解説、まつざきあけみインタビュー、犬木加奈子他2名の単行本未収録作品等、古いものから新しめのものまで揃えられた、夏の夜のお供にも最適な1冊となっていると思います。

詳しい内容は 少女たちを恐怖のどん底に叩き落とした、あの恐怖が蘇る…。70年代から00年代の少女ホラー漫画の名作を紹介する『私たちが震えた 少女ホラー漫画』が7/3発売! – 辰巳出版株式会社のプレスリリース をご覧ください。

無駄話】スガちゃんは名アシスタントの代名詞

スターシステムのキャラとして、あるいはクロスオーバーのキャラとして、和田ワールドに存在感を見せた名キャラクター、スガちゃん。特に『怪盗アマリリス』では主人公アマリリス一家を支える有能な助手として、家事全般から怪盗家業に必要な道具の開発まで、その手腕を存分に発揮したことで、読者の記憶に残る素敵なキャラクターとなりました。

そのスガちゃんのモデルとなった人は、和田さんの元アシスタントであり、最愛の奥様となった女性でした。

元アシスタントということは、一度は漫画家になることを夢見ていた人と推測でき、お話作りも得意だったと思われます。水野英子さんの『白いトロイカ』講談社文庫版に和田さんが解説を寄稿されたとき…

うちの奥さんは原作者として生き、亡くなった。
(『白いトロイカ』講談社文庫第1巻P.224)

と書かれていました。浜田翔子さんと組んだ原作作品『神に背を向けた男』も、もともとは奥様が浜田さんに原作を提供していた縁あってのことだそうです。

そういう「裏話」を頭の隅に置き、山田ミネコさん(@Uchagi0001)の2019年2月3日のツイートのリプライ部分を読むと、とても興味深いです。(元ツイートに添付されている画像は、コミックフラッパー誌の追悼特集に寄稿された時のものです)

フォロワーからのいくつかのリプライ。それに対しての山田ミネコさんの返信の中で、以下の2つが個人的にはとても印象に残りました。

そこで思い出したのが、ワンフェス繋がりで和田さんと親しくされていたキャプテンゴメスさん(@gomespiroshiki)のツイート!

山田ミネコさんのツイートより少し前に投稿された以下のツイートには、和田さんからの手紙の画像が添付されていて、『怪盗アマリリス』初回から原稿を落としそうになったことが書かれていました。

山田ミネコさんのツイートを読むまでは、漫画家を続ける決意をしても悲しみから抜けきれず、なかなか原稿が進まなかったのかな? と思っただけでしたが、もしかしたら奥様のサポートがないことで四苦八苦されたのかもしれません。それほどに深く、奥様が「名アシスタント」として漫画家和田慎二を支えていたのかな? と新たな考えを持ちました。

MF版『ピグマリオ』第12巻のINTERMISSIONのページで、奥様が亡くなった時のことに触れられていますが…

次は「怪盗アマリリス」やりましょ♡
(メディアファクトリー『ピグマリオ』第12巻P.396)

と笑顔で提案する奥様が描かれています。何事もなく予定通り初夏に『ピグマリオ』が完結し、奥様のサポートで『怪盗アマリリス』が始まっていたら、現在のアマリリスとはまた少し違ったお話が読めたのかもしれません。

漫画の中でも現実世界でも、大活躍だったスガちゃん。きっと空の上でも、和田さんに寄り添って支え続けていらっしゃるのでしょうね(^_^)

雑感記】サキと三平と美幸の年齢差……をポンっ!

スケバン刑事として麻宮サキが母校鷹ノ羽高校に帰り、海槌家のジェノサイド計画が発動した時、サキは2年生でした。海槌麗巳は3年生、亜悠巳は2年生、詠巳は1年生でした。

その後、四紀展の入賞発表があり海槌詠巳が第一席を受賞したというテレビのニュース番組では、詠巳は「2年生」と紹介されています。

連載最初期の頃は作中の季節と実際の季節がシンクロしていました。『3匹の蛇逆襲編』からは鷹ノ羽高校も入学式が終わった(=新年度)の新学期の描写があり、麗巳は卒業していて亜悠巳と詠巳はそれぞれ3年生と2年生になっていました。

話は前後して野分三平はサキと出会った頃はすでに高校生でした。サキより年下となると高校1年生ということになります。出会いが2年生と1年生。そのままスライドしているなら、新年度から三平が鷹ノ羽高校に転入してきた『3匹の蛇逆襲編』ではサキは3年生で三平は2年生です。

野分三平! 昭和XX年4月7日生まれ
小座倉美幸 昭和XX年12月22日生まれ
(by 野分三平、小座倉美幸:『スケバン刑事』HC版5巻P.84,MF版3巻P.84,文庫版SP版は省略)

野分家小座倉家の見合いで、三平と美幸の誕生日が出ていました。これを元にするとサキは「昭和XX-1年」生まれになります。

美幸さんは16才で問題ないが 三平はまだ結婚できる年令に満たない 正式の結婚届けは18才になるまでおあずけだ
(by 神恭一郎:『スケバン刑事』HC版7巻P.76,MF版4巻P.78,文庫版SP版は省略)

なんだかんだって三平と美幸の結婚式が決まり、三平が神私立探偵事務所に招待状を持ってきた時に神が内情をバラすのですが、実際に結婚式が終わった日の夜、小座倉家別邸の庭では鈴虫が鳴き、季節は秋(注釈1)に入っていることを告げています。

鈴虫か…もう秋だな
(by 野分三平:『スケバン刑事』HC版7巻P.108,MF版4巻P.112,文庫版SP版は省略)

現在(注釈2)の日本の法律では未成年でも男性満18歳以上、女性満16歳以上になっていれば(親の同意書がいりますが)婚姻届を出すことが出来ます。(まして40年以上前に描かれたお話ですからね)

結婚式のあった秋に「4月生まれの三平が18歳に満たない」となると、作中では新たな年度替わりはしていなくて、三平は高校2年生ということになります。

そして季節が秋で「12月生まれ」の美幸がすでに満16歳になっていているとなると、学年では高校2年生ということになりますよね。三平と美幸、4月と12月で8か月差の同い年なんですよ。長年「美幸は三平より年下で高校1年生」と思い込んでました。読解力がない証拠ですね(^_^;)

ということで、サキと三平の年齢差は1歳、三平と美幸の年齢差0歳(同年生まれ)、よってサキと美幸の年齢差は1歳、なんですね。XX-1年8月生まれとXX年12月生まれの年子姉妹だったんですね。


注釈1:結婚式の回『花とゆめ』1977年18号、その次の三平死亡回1977年19号で、それぞれ8月20日発売号、9月5日発売号。作中と実際の季節はシンクロしたままです。

注釈2:いずれ民法改正で成人年齢が男女とも満18歳(施行予定2022年4月)に引き下げられると、法律婚年齢も同様に男女とも満18歳以上になるそうです。

無駄話】理想の声…ドラマじゃなくてアニメだったら

FAQ西脇ムウ=ミサネタで目を通したついでに書いちゃえ!な無駄話。

バンダイが出版していた模型誌『B-CLUB』では度々実写『スケバン刑事』シリーズを取り上げていました。ヨーヨーや鉄仮面の再現、主演者たちのフィギュアなどが誌面を飾っていました。

ビークラブ・スペシャル5『スケバン刑事研究 セーラー服は学園の戦闘服だ!』という別冊が発売されたのが、1987年(昭和62年)春のこと。南野陽子版をメインにその前後も一応カバーした構成で、和田慎二さんのインタビューも載っていたので購入しました。研究…というだけあって、実写ドラマシリーズの裏側…制作スタッフへのインタビューや資料の公開など…ドラマファンには必読のようなムック本です。

和田さんインタビューはもちろんですが、個人的に特に興味を持ったのは製作メモの公開でした。

「スケバン刑事制作上のポイント」と題された岡正フジテレビプロデューサーの手書きメモ画像と、それを活字にした部分。最後の行に注目、歓喜したのです。

○毎回の頭に設定のナレーションと前回までのあらすじナレーションを入れる。(来宮良子、川島千代子が候補)
(バンダイ『スケバン刑事研究 セーラー服は学園の戦闘服だ!』P.35より)

川島千代子!(^o^)

事実、斉藤由貴版の前半、1話~10話までは川島千代子さんのナレーションでした。

第1話アバンタイトル、川島さんのナレーションで実写が幕開けしたのは、もうほんとに嬉しくて鳥肌立って、そして「これがアニメだったら、アニメでサキ役だったら」と残念な気持ちも押し寄せました(T_T)

そうなんです、川島千代子さんの声は私の中の「理想の麻宮サキ」でした。有紀螢さんや浜野タタミさんやゆでたたまごさんや伊東富士子さんやセーラープルートさんだった人です。20年ほど前に引退されましたが、今でも一番好きな声優さんです。

企画段階から名前が挙げられていたってことにファンとしては狂喜乱舞でしたが、同時に「なにが理由で?」という思いもずっとありました。これを書くに当たって川島千代子 – Wikipediaをざっと見直したところ、岡P参加の原田知世版『ねらわれた学園』でも川島さんはナレーションを担当されていたことを思い出しました。その縁で?

当時は『ねらわれた学園』と『あさりちゃん』は同時刻放映(裏番組同士)で、私はあさりちゃん優先だったような記録を日記に残していることから、あまり「ナレーター 川島千代子」を堪能しなかったみたいですが(家にはビデオデッキがなかった)この時の仕事ぶりを買われての選任なら、ドラマ本編はアレでも(^_^;)「ありがとうございます!岡P!」と空に向かって叫びたいです。


ナレーションといっても第1話を含めてアバンで5回、予告は毎回、あと夕方とかのCM中に流れる番宣などで、クレジットも第1話のみという少々不遇な扱い(個人の感想)でした。

そのためかどうか知りませんが、この『スケバン刑事研究 セーラー服は学園の戦闘服だ!』P.35を担当した編集者は注釈を書くのに、川島さんのことを…きれいさっぱり忘れていたのか、あえてスルーしたか、斉藤版を見ていなかったまたはチェックしなかった等…ガン無視して、11話からの山口奈々さんの名前しか出さなかったんですよ。

斉藤版のナレーター=山口奈々さんオンリー、な書き方をしたのですよ(-_-;)

川島千代子ファンとしては編集に対して腹立たしくて悔しくて、今ならご意見ご感想として嫌味のメールを送っただろうと思います(^_^;)

FAQ】西脇のモデルがムウ=ミサって本当?

Q:実写ドラマの『スケバン刑事』シリーズ2作目に出てきた、蟹江敬三さん演じる西脇という登場人物がムウ=ミサをモデルに作られたという話ですが、それ本当ですか? どこも似てないような?

A:シリーズ2作目で蟹江敬三さんが好演した西脇(フルネームは不明)。スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説 – Wikipediaには原作の「ムウ=ミサ」がモデル。と書かれています。Wikiには根拠となる出典元は書かれていませんが、一応それらしきソースは存在します。

どこまで参考にしたのか、それ以前に本当に参考にしたのか分かりませんが、テレビシリーズを企画した岡正プロデューサーは2作目を製作するに当たって…(以下、引用)

神に替わるキャラクターとしては内閣秘密調査室のムー・ミサ的な人間を出します。
(ラポート発行『アニメック』1985年10月号P.84)

『アニメック』誌で企画連載されていた「特撮カルチャーセンター」11回目に、実写ドラマ『スケバン刑事』が取り上げられました。そろそろ斉藤由貴版がクライマックスへ向けて盛り上がりを見せる頃です。

3Pに渡って岡正さんのインタビューが載っているのですが、いつ収録されたのか日付がありません。雑誌が月初めの発売日(10月号なら9月初め)なのと、この企画コーナーの扉に和田慎二さん画の「斉藤由貴版麻宮サキ」が登場し(本文中に和田さんのコメント、インタビュー等はありません)そのイラストの日付が「’85.8.13」になっていることから、7月末前後だったのでは、と推測しています。

プロデューサーとしては斉藤由貴版終了と共に神恭一郎も降板させ、新しい主役には新しいサポート役を、と考えていたようです。

岡正さんインタビュー抜粋
岡正さんインタビュー抜粋

神に替わるキャラクター=ムー・ミサ的な人間。神に替わるキャラクター=西脇。よって、ムー・ミサ的な人間=西脇、が成立するわけですが、西脇のキャラクター設定にどれだけムウ=ミサ成分が含まれているかは、実写関係の手持ち資料も少なく、個人的には詳しい内部資料でも見ない限りよく分かりません。

西脇は暗闇機関(原作の学生刑事機構に相当)のエージェントとして南野陽子版麻宮サキをサポートする一方、南野サキの通う梁山高校でヨレヨレ姿のさえない教師としても登場していました。その「裏と表の顔を持つ」ところは、信楽老の側近としてグランド=スラム作戦に加担しながら、実は信楽老を探る内調特務員だったムウ=ミサと共通するのではないでしょうか。

雑感記】ほんのちょっと未来の話!?……をポンっ!

※大昔(2000年代初期)公開していたコンテンツ「無駄話かな?」より加筆修正して再公開。(サルベージ駄文集…3)


麻矢の車のカー・テレフォンで はやく!!
(by 雪室杳子:『愛と死の砂時計』MC版P.97,ST版『銀色の髪の亜里沙』P.314、MFF版『神恭一郎の事件簿1巻』P.102、傑作選『砂時計は血の匂い』P.102)

保本登の死刑執行日当日、ついに紅崎麻矢の口から真犯人であることを引き出し、死刑執行中止命令を出してもらうように法務省に連絡する場面。

今なら、さっとポケットからスマホを取り出して……となるところですが、まだまだそれは夢の世界、それこそDラえもんの道具並だった時代。山の中では普通なら連絡手段がないところ、運良く麻矢の車にはカー・テレフォンが装備されていて、速攻で神恭一郎が電話します。ハラハラドキドキ最高潮です。

警察や消防などの公的機関では早くから無線式の移動電話が使用されていたそうですが、民間用の移動電話=自動車電話のサービスが始まったのは、1979年(昭和54年)12月だったそうです。
主要展示物のご紹介|自動車電話|NTTドコモ歴史展示スクエア
懐かしの電話付き自動車…いまでも電話は使えるの?
自動車電話 – Wikipedia

あれ? 1979年に初めて民間用の自動車電話が登場した?

『愛と死の砂時計』は1973年(昭和48年)別冊マーガレット8月号に掲載されました。雑誌掲載時のリアルタイムでは、自動車電話は実用化されていないのです!

左ハンドルなので輸入車と見られます。下記の画像で、車に詳しい夫に尋ねたところ、クライスラー社の「プリムス」ではないか?ということでした。

紅崎麻矢の車
紅崎麻矢の車

この車に最初から装備されていたと考えても、日本国内で自動車電話のサービスが始まっていない以上、紅崎麻矢の車からいくら法務省へダイヤルしても、現実だったら電話は繋がらなかったんです! リアルに1973年の話だったら、保本登の死刑は執行されていたでしょう。つまり……

『愛と死の砂時計』は自動車電話が使用できる=移動電話サービスが始まっている=作品が描かれたのは1973年でも、物語の中は実はそれより「ちょっと未来の」1979年12月以降だった……ということですね(^_^;;;;;

元ネタのウィリアム・アイリッシュ著『幻の女』(早川書房 稲葉明雄訳)では、神恭一郎相当の刑事が尾行組の警察官たちに……

すぐ街道へもどって、もよりの電話から、地方検事の事務所へ一報をいれてくれ。
(早川文庫『幻の女』P.345)

と指示しています。自動車電話の利用は和田慎二さんのアレンジということに。

ちょっと未来……というのは冗談として、どういう過程で、まだ日本では始まっていない自動車電話サービスを小道具に使おうと思ったのか、どこかに構想メモとかちょっとした走り書きとか、残っていませんかねぇ。残っていたとしても『愛と死の砂時計』は秋田書店の傑作選にすでに収録されているので、発表場所がないですかねぇ。


南条華江宅を訪問する前に神はバラの花束を注文しますが、麻矢の好意でカー・テレフォンから注文する場面で、インパネ部分にダイヤル式の機器が見えます。

紅崎麻矢の車とカーテレフォン
紅崎麻矢の車とカーテレフォン

グーグル先生に「自動車電話」の画像を訊いてみると、一つだけ、古い映画のワンシーンか車のカタログか、フロア固定のダイヤル式機器の画像を見つけました。あとは押しボタン式ばかり。車からダイヤルを回してかけた時期があったとしても、サービスの始まったごく初期だけだったかもしれませんね。

ちなみに1985年(昭和60年)の実写ドラマ『スケバン刑事』に出てきた海槌家の車の自動車電話は、内側に押しボタン式の番号が並んでいると見られる、上部にカバー部分がある型のもので、NTT技術史料館 展示史料一覧の中の「史料ID 28 TZ-802型自動車電話」あたりだと思います。(神恭一郎の黄色いポルシェには警察無線だけだったかと)

無駄話】バターコーヒー

※大昔に(2000年代初期)公開していたコンテンツ「無駄話かな?」より加筆修正して再公開。(サルベージ駄文集…2)


熱いコーヒーのブラックに バターをひとかたまり落としてある 飲め 力がでるぞ
(by 神恭一郎:『スケバン刑事』HC版11巻P.31,SP版3巻P.397,文庫版6巻P.31,MF版6巻P.27)

神から差し出されたコーヒーカップをサキは受け取ると、一口飲んで「おいしい」と笑顔を見せます(^_^)

迷言「すまん責任はとる」からの流れで出てきたバター入りコーヒー。わぁー!きゃあ~!言いながら掲載誌を読み、バターを入れるの?と半信半疑で試してみたあの日。

でもたぶんその1回だけか、よくて数回しか作らなかったと思います。頻繁に飲んだ記憶がありませんから(^_^;) ただ飲んだ後、油分でコーヒーカップがベトベトしていたのは覚えています。洗うのが……ね?(^_^;)

作中にレシピが書いてあるわけでもなく、ひとかたまりってどのくらいだろう?と疑問に思いながらも、家にあった普通のバター(当然有塩)を適当に切り分け、Nスカフェゴールドブレンド(つまりインスタントコーヒー)に入れて飲みました。バターはともかく、サキが飲んだのは豆から挽いて淹れたドリップコーヒーだろうし、それとインスタントコーヒーとではスタートラインから違いますね(^_^;)

この飲み方、当初は和田さん風のオリジナルな飲み方だと思ってました。ところがコーヒー発祥の地エチオピアでは1000年も前から飲まれていると、1999年頃のCS放送のニュースチャンネルで知りました。バターはミルクを濃縮した物だから、が理由のようです。確かに! 牛乳から生まれたCリープの代わりに牛乳そのものを入れていた実家の母も、私がバターを入れているのを見て別に不思議に思わず「バターは牛乳から作るからねぇ」って言ったのを覚えています。そういうことですね。

数年前に「バターコーヒー」というものが話題になりました。アメリカの起業家が考え自ら実行したレシピ集に掲載されていたそうで、ダイエットに良いらしいですね。グラスフェッドバターという特別な無塩バターと、MCTオイルと呼ばれる中鎖脂肪酸100%の油をコーヒーに入れ、ミキサーやブレンダーでよくかき混ぜて出来上がり、なんだそうです。

サキが飲んだバター入りコーヒーとは、ちょっとイメージが違う気がしますが、Twitterでバターコーヒーの話題になると誰か彼か「そういえばスケバン刑事にも出てきたよね」と記憶をよみがえらせてくれるので、うれしかったりします(^_^)

レシピ通りに作ったバターコーヒーは炭水化物を含まない良質な脂質のみなので、低カロリーだけれど栄養価は高く、満腹感を持続させる効果があるので腹持ちもよく、コーヒーのカフェインで頭スッキリ集中力アップするらしいので、そういう効能効果があるのなら、暴れる前に飲めばいつも以上に力が発揮できそうですね。ヨーヨーの威力も倍増しそう!

あ、だから力がでるぞなのかな。ひとかたまりのバターでもそこに含まれる脂質と、コーヒーのカフェインで覚醒して、大暴れできるぞ!てことかしら~?(^_^;)

無駄話】超少女今日子!? 名前が分かつ運命

※大昔に(2000年代初期)公開していたコンテンツ「無駄話かな?」より加筆修正して再公開。(サルベージ駄文集…1)


ひょっとしたら あなたとあたし… 双子だったのかも しれ… な…い
(by 葵今日子:『ふたりの明日香』MC版P.105,HC版P.107,文庫版1巻P.313,MF版2巻P.105)

葵今日子の年齢やそれまで生きてきた過去のことなど一切、作中では語られませんでしたが、自ら砂神村の出身と言い、変身後の明日香と顔も年格好もソックリとなれば、今日子が言い残したように明日香とは双子の姉妹だった確率、限りなく100%に近かったのではないでしょうか。

昔の日本では多胎は忌み嫌われ、双子が生まれたら片方を養子に出したりしたそうですが、砂神村にもそんな風習が残っていたのかもしれません。

もしも、明日香と今日子の立場が入れ替わっていて、砂神村に残されたのが今日子だったら?

もしも、名付け方が逆で、今の明日香が今日子と名付けられて、砂神村に残されたとしたら?

少女たちの名前は(単純に考えれば)「砂姫今日子」「葵明日香」となり、作品タイトルも『超少女今日子』になっていたかもしれませんね。

運命なんて、どこでどう転じるかわからない。不思議であり怖くもある。そんな思いを抱かせてくれた葵今日子の最期でした。


そしてさらに、もしも本当に作品タイトルが『超少女今日子』だったら。

第3新東京市に住む惣流さんまたは式波さんも「キョウコ」と呼ばれていたのかな。そして(新劇場版には出てきてないようですが)キョウコの母親が「アスカ」になっていたかも。運命は不思議。(WEBアーカイブ→ガイナックス内 庵野秀明公式Webサイト » 雑記 1回目と4回目参照)

PRIZE】スケバン刑事 サキのソフビフィギュア

スライドショーには JavaScript が必要です。

シャツ黒ver.……2000年(平成12年)9月、イベント「トイズランド2000」(大阪)で限定販売。会場売りと同時に通販の受付があり、私は通販で購入。会場売り同様に通販分にも和田さんのサインが付きました。スタチュー(彫像)ver.もあり。(スタチュー版は未購入)

シャツ赤ver.……2000年(平成12年)12月、イベント「トイズパラダイス2000」(名古屋)および一般模型店等での販売。私は一般売りの通販で購入。(名古屋イベントを知らなかった…orz)

大阪トイズランドでは会場通販共に限定数各ver.50体。名古屋トイズパラダイスは不明、通販はなかったと思います。

寝かせて保管していたためか?うまく自立しなくなりました(^_^;) 壁に寄りかからせての撮影、しかも髪の一部に色褪せが。

補足(2020.06.14)
大阪トイズランド版がシャツ黒ver.なのは、製作時にHC版1巻2巻がベースとされたからだそうです。(ラポート発行『ファンロード』2001年2月号P.91より)和田さんとしては少々残念な思いをされたとかで、再版分から赤ver.に。

PRIZE】花とゆめ創刊900号記念 ふろくポストカード

スライドショーには JavaScript が必要です。

2010年(平成22年)7月5日発売の『花とゆめ』15号は「創刊900号記念号」でした。ふろくの一つに、創刊号から100号区切りで通巻800号までの記念号の表紙を使用した「900メモリアル☆ポストカードセット」10枚委セットが付きました。花とゆめ900号!フルバ、せかキラ、花君、闇の末裔ら復活 – コミックナタリー

ちょうど通巻100号の時は『ピグマリオ』が表紙を飾ったので、ポストカードの一枚になりました。奥の木の切り株に座る少女は、まだこの頃の作中には影も形もなかった小さいオリエと思われます。(予告編には出てましたね。未来の暗示と共に…)

白泉社から離脱して11年経っていましたが、画像使用許可が出たことに当時は驚きました。11号なので通常ならこの号は「創刊4周年記念号」になるところですが、100号記念の方が勝って、4周年の文字がどこにもないのがご愛敬(^_^;)

そして100号区切りのはずが、これは外せないという判断だったのか? 『スケバン刑事』と『ガラスの仮面』同時連載スタート号=1976年(昭和51年)1号の表紙も入っていました。

さらに……この記事を書き出して気づいたこと。このふろくが付いた15号発売日のちょうど一年後に……(/_;)