大投稿

投稿ページはブログの本体~公開の記事 全出に

雑感記】プリンセス2023年1月号……をポンっ!

※作品のネタバレありです。未読の人はご注意ください。

Re:スケバン刑事 第12話 3匹の蛇編10

  • 東京タワーの存在しない風景と、それを写すキャンバス、いいわぁ!すっごくいいわぁ!な扉絵。
  • サキの通報で神さんと警察が来ている描写も新鮮。細かいフォローというか本家オリジナルでは描かれなかった裏側や噛み砕いた表現等で、リメイク独自の描写を見せているの、私は好き。
  • 亜悠巳の死から東京タワーの有無、美術大賞受賞パーティーまで大胆アレンジ展開で、しっかり帳尻あわせてきた(^_^)
  • その代わり、事務所の場面はバッサリ切られたので寂しいところも(^_^;)
  • 純子作ではなくその父親の絵と知らされた時の詠巳の顔が、意味するところは「呆然とした」なんだろうけど私的には「ちょっとオマヌケな」ギャグ顔に見えてしまって、失礼だけど笑っちゃった(^_^;)
  • 全部サキが喋るんじゃなくて、鷹ノ羽の教師として沼さんが、鷹ノ羽の理事長海槌剛三に「逮捕」を告げるのもアレンジとして良いなぁと思った。
  • しかしその沼さんに作画ミスがあるのが非常に残念で。アザの描き込みが全然なくてね。コミックスで修正されるよね?まさかどこかからのクレームで「アザなし」に変更とかなってないよね?(ちょっと心配)
  • 次回いよいよ麗巳と対決!リメイク終わるのか、まだまだ続くのか、分かれ道が来たことに。

スケバン刑事Pretend 第14話

  • 玲衣の狂気が凄まじく!けれど疑問も。片方を助ければもう片方は死ぬ。玲衣は自分が死ぬかもしれないのにゲームを始めた!?
  • 生か死かどちらにしても亜沙美が殺人者になればビンゴゲームの「199」マス目が開いて、そこから別のプログラムが発動して、玲衣自身がいてもいなくても何かが始まる……のか!?
  • 宿命の敵の形をした背後の影は、影のまま?サキのように妖精化しないのかな。したらおもしろいけどなぁ。
  • 記憶を取り戻すためなら宿命の敵は影のまま、亜沙美対玲衣の代理戦争でもいいのかもね。前も書いたけど表面の奇抜さを取れば中身はしっかり本家の現代版リメイクだよね。サキ対麗巳の再現。
  • こちらも亜沙美対玲衣が終われば終了か、まだまだ続くのか、分かれ道かな?

時をかけるスケバン刑事 第16話 消えた絵の謎

  • 過去の「カラス」と現代の「クロウ」がまた絡み合うことに!?
  • 本当に現代で有名画家になっているかどうか、アヤシイところ。消えた絵も事件解決で見つかり、その時はまた飾られても、現代では案外旧校舎の物置で埃を被っていたりして?
  • 現代に戻って、関係性が変わっているだろう黒灰は出てくるかな?巴ちゃん灰にも会うかな?見てみたい。

次号2023年2月号も3作品同時掲載。

NEWS】プリンセス2023年1月号好評発売中!

秋田書店『月刊プリンセス』2023年1月号が発売されました。プリンセス 2023年1月号 | 秋田書店

東京タワーから一気に終盤へ『Re:スケバン刑事』第12話、研修船上での玲衣の狂気の二択に亜沙美どうする?な『スケバン刑事Pretend』第14話、再び過去の「カラス」と現在の「クロウ」が絡むのか!?『時をかけるスケバン刑事』第16話が掲載されています。

次号2023年2月号もスピンオフ勢揃い号。2023年1月6日発売です。人気作家田中芳樹さんの『奔流』を原作とする『白花繚乱(びゃっかりょうらん)』が、作画:栗美あいさんで始まりますよ!

雑感記】プリンセス2022年12月号……をポンっ!

※作品のネタバレありです。未読の人はご注意ください。

スケバン刑事Pretend 第13話

  • 先月の校外学習説明のコマで引っかかってたのだけど、今月1ページ目ではっきりと出た施設外観で、やはり海槌邸に似てるなと。完全一致ではなく、細部は微妙に違って「昔の理事長の別荘」という設定なのだけど、もしかしたら長い年月の間に建物が修繕されて少し変わっていたり、伝言ゲームのように本宅が別荘に間違って伝わっていたりするのかも。
  • まぁ実際は完全形の資料がなくて完全に一致しないだけで、あれはかつての海槌邸なんだろうな。別荘というのも過去を取り戻すイベントとして「別荘」の言葉が必要で、伝言ゲーム系か学校の説明そのものが別荘、という予想。
  • 先月号での説明では、1年耕種、2年畜産、3年水産なので、取れたて新鮮な野菜や果物、肉類、魚類が食事に出てくるのは当然で、子豚の世話をした亜沙美ちゃんは、とんかつを「食べられない」とか言っちゃってるけど、そういうのも含めた「食育」でもあるんだね、校外学習。
  • 蛇を纏う者。刻印の表現がないので、というか事件を起こしてきた張本人なら、やはり元ネタの名前は!
  • ミカちゃんは仕事柄、肖像権とか法律に明るいから、ビンゴの数字の意味にも気づいた?
  • 強い悪意を感じ取って合宿所に現れたサキ。そこへ文哉行方不明と千里が駆け込んでくる。2泊3日じゃ使われない研修船。探しに来るだろう亜沙美たちを迎え撃つために待つ玲衣。すっごい!すごいわっ!3匹の蛇から一足飛びにエノラゲイ船上での死闘を見せてくれる!?
  • ビンゴまであと一つ。けれど4マス空いている列は6個。残る番号は…143、159、117、199、さあどれだ。
  • そしてざっと調べたら……143水道汚染、159私文書偽造等、117激発物破裂、199殺人……そりゃあ台詞にも出てきた199よね。位置的にも、ど真ん中!横列真ん中、左右斜めでも真ん中。
  • 研修船での「死闘」で妖精サキちゃんも記憶を取り戻し、神さんが迎えに来て、ヨーヨーもまた一つに合体し変身できなくなって、平和の戻った鷹ノ羽高校ってことでENDマークかな!?

Re:スケバン刑事 第11話 3匹の蛇編9

  • 3巻発売記念でセンターカラーとして扉がカラー絵なのだけど……花畑の向こうにいる唯名純子と母が、幸せの笑顔を見せている……そこは「あの世」ですか(/_;) 笑顔なのがせめてもの救い。
  • バイクレース説明の山全体図に添えられてるサキと亜悠巳の略画が、不覚にも「かわいい♥」と思ってしまった(^_^;)
  • バイクの描写、迫力ある!散弾銃の暴発場面もスローモーションで見ているような感覚で、うまい見せ方だなぁって思った。
  • 丸々バイクレースで「死者に手錠はかけられない」まで。神私立探偵事務所の場面、沼さんとの談義はまず東京タワーネタが出てから、よね。

2023年1月号は2022年12月6日発売。3作品同時掲載です。連載再開とすごろくの付録『王家の紋章』だけでも売り切れ予想できるのに、新連載で『刀剣乱舞』のスピンオフ『刀剣野営(とうけんきゃんぷ)』が来るので、購入組は早めの確保を試みた方がいいですよ!と。

雑感記】プリンセス2022年11月号……をポンっ!

※作品のネタバレありです。未読の人はご注意ください。

時をかけるスケバン刑事 第15話 未来を変える想い

  • 過去が変わっちゃったよね。黒江と灰崎の関係も続いている未来=巴の生きる現代となっているはずだけど、まだ帰れていない巴だから結果を確認できない。
  • まだ事件が解決していないから帰れないのなら、このまま黒幕退治まで行くのかな。とするとENDマークも近い!?

スケバン刑事Pretend 第12話

  • 記憶を取り戻すために過去が少し形を変えて出てきたよ!
  • 学年別の校外学習。バスで移動、しかも不良問題児たちを1台に詰め込む。合宿施設は昔の理事長の別荘。まさかG計画の完全再現はないだろうけど、それを想起させる出来事が提示されてサキが反応する、ていうのにゾクゾクした!
  • いろいろ推理する文哉の横顔の向こうに重なる影!(^o^)元ネタ名前の答え合わせ来た!(私の推理:正解)
  • 三つのヨーヨーの成り立ち、バスで行く学年別の校外学習、元ネタのあるキャラ名、リスペクト感が半端ない!
  • 今後も名前の元ネタ明かし、あるよね?
  • 今後も記憶を取り戻すステップとして過去が形を変えて出てくるなら、変身ものという奇抜さはあるけれど「現代版リメイク」と見ていいのかな?なんて思ったり。
  • 原作準拠の『Re:スケバン刑事』に対して、原作ストーリーを令和の時代に落とし込んだ『スケバン刑事Pretend』なのかなー、てね。

ふろくBIGポスター2枚セット

  • はぁー、サキと神さんのウェディング姿、尊い!新装版12巻ですでにお目見えしてるけれど、大判でバァーンッ!と来ると迫力あって、ステキ!
  • だから…折り目が憎い悲しい(T_T)しかし丸めての配布だと収納が袋じゃなくて筒になる、コストかかって本誌の価格に影響する、あぁ…(>_<)という。
  • 収納袋裏側の「説明」に驚いた。ウェディング画のことを知らない和田ファンもいるだろうし、知っているファンにとってはポスター化までの長い道のりが分かる、親切丁寧な編集部の本気を見た。
  • 電子版11月号にもデジタルポスターとして収録されてるけれど、イラストだけで説明文までは収録されてなかったので、そこはちょっと残念に思った。
  • 新装版12巻でもそうだったけれど、色塗りされている部分より僅かにサインがはみ出しているためか、トリミング無しで(おそらく)原画のまま印刷されているのよね?そこがまた良いのよぅ(^_^)
  • もう1枚は「炎の爪あと」編4回目の扉。神さんが死んだ!から始まって、サキが海の中で謎の巨大生物と遭遇する話。サキ&神さんのペア画が選考基準か!? 掲載は1980年(昭和55年)花とゆめ18号。
  • ペア画の条件なら……カセットレーベルに使われた、ちょっとアダルトな雰囲気の「妖しく横たわるサキちゃん、その後方に怪しく立つ神さん(しかもシルエット)」のイラストでも良かったよね、なんて欲望丸出しなこと書いておく(^_^;)
  • ほんと、長生きしてみるもんですねぇ。ウェディング画の提供をことあるごとに希望や提案してくれた森勇気さんと、ファンに届ける努力をしてついに実現させた月刊プリンセス編集部に最大級の感謝を!どうもありがとうございました!(^o^)

表紙&背表紙&裏表紙

  • ふろく告知で前も後も横もポスター画が挿入されてて、どこを見てもニヤニヤ…♥

ウェディング画ポスターで気持ちが燃え尽きてしまって感想アップ遅れました……(^_^;)

NEWS】プリンセス12月号好評発売中!

秋田書店『月刊プリンセス』2022年12月号が発売されました。プリンセス 2022年12月号 | 秋田書店

校外学習が始まった『スケバン刑事Pretend』第13話、亜悠巳とのバイクレース『Re:スケバン刑事』第11話が掲載されています。特に11月16日に早くも第3巻が発売される『Re:スケバン刑事』はセンターカラーで登場。唯名純子と母が描かれたカラー扉絵は思わず涙を誘います。

2022年12月6日発売の次号2023年1月号には『時をかけるスケバン刑事』も掲載されますので、スピンオフ勢揃い号になります。

NEWS】プリンセス11月号好評発売中!ふろくポスターに感無量!

秋田書店『月刊プリンセス』2022年11月号が発売されました。プリンセス 2022年11月号 | 秋田書店

過去での決着が気になる『時をかけるスケバン刑事』第15話、水木玲衣が本性を現してきた?『スケバン刑事Pretend』第12話が掲載されています。

しかしですね!なんと言っても和田慎二ファンにとっては「ふろくの大判ポスター」ですよね!♥(^_^)

すでに新装版スケバン刑事12巻でお目見えしているとはいえ、大判で見るサキ&神ウェディング画は感無量!

2枚セットのうちのもう1枚は「炎の爪あと」編の4話目扉絵です。マカオで神が死んだ!ショックのあまりサキは無意識に外をさまよい、海に落ちて謎の巨大生物と遭遇するという話でした。

ざっと測ったところ、横304mm×縦456mmほど。A3判(297mm×420mm)より少し大きい程度でしょうか。ただ一つ難点を言えば、四つ折りで収納袋に入っているので、悲しいかなくっきり折り目が(^_^;)

ポスター本体に加えて収納袋の裏側に和田慎二先生と森勇気さんのことと題して、ウェディング画の説明とポスター化までの道のりが添えられているのも必見ですよ!

また、電子版11月号にも「デジタルポスター」として2枚とも巻末に収録されています。紙版、電子版、お好みでどうぞ。ただし電子版には紙版収納袋の裏側文章はありませんでしたので、お気をつけください。

NEWS】今度は応募者全員サービス!新装版とスピンオフで複製原画2枚セットをもらっちゃおう(^o^)

毎月のお楽しみだった『新装版スケバン刑事』も9月発売分で完結、全12冊がそろいました。

新装版11巻12巻と、同日発売の『Re:スケバン刑事』『スケバン刑事Pretend』各2巻。それぞれに付く帯応募券、計4枚で今度はハズレ無しの応募者全員サービスが始まりました!

送料分として「140円分の切手」が必要ですが、応募券を集めて送れば必ず「和田慎二 スケバン刑事 複製原画2枚セット」がもらえるという太っ腹企画。応募の締切は2022年10月31日(月)当日消印有効。詳しい応募方法は応募券の付いている対象のコミックス帯をご覧ください。

気になる絵柄は、今のところ『月刊プリンセス』10月号と、以下のTwitter公式アカウントで確認できます。

前回4月の「6冊同時発売フェア」同様に、スピンオフに興味が湧かないと少し辛いところがありますが、今回は「4冊」とハードルが下がり、なにより当たり外れのある抽選式でなく「応募者全員サービス」です。しかも割とレアものの絵柄。この機会にちょっとスピンオフ作品に触れてみてはどうでしょうか。

コミックス帯に付属の応募券で、ですので紙版購入のみの企画になります。電子版購入では応募できませんので、お気を付けください。

雑感記】プリンセス2022年10月号……をポンっ!

※作品のネタバレありです。未読の人はご注意ください。

スケバン刑事Pretend 第11話

  • 水木玲衣ちゃんの元ネタ名前、もしかして!? ずっと味方キャラからだとばかり思ってたので、本当に「そのキャラ」だったら衝撃でいずれ敵対…というか明確な「敵」になるのかな?
  • 口元が引っかかったのよねぇ。一般社会じゃ犯罪、と騒ぎを起こした生徒の除籍抹消作業をしていた玲衣ちゃんの口元が、9話ラストの口元と…、あ、でも9話の方は口紅っぽいか。
  • ビンゴも引っかかってる。誰がアプリとしてアップしたんだ!?タカノメ開発者=玲衣と関連してないか!?とかさ。
  • ミカちゃんの「ろう→どう」が成立するなら、玲衣の「づち→ずき」「み→い」も成立するんじゃ? んー、でも、ストレートすぎないか?とも思えて。ストレート具合ではミカちゃんも同様だけどさ。
  • 玲衣というかパソ部としてかもだけど、今はどっちかというと学校側だよね。校長の指示で学校側の便利屋みたいに行動してる。
  • 動画ではなく一瞬の(ぼやけた)画像でも、一応残ってるみたいだから、このままカミングアウトしてスケデカ仲間になって欲しいなぁ。
  • 玲衣ちゃんのことしか書いてないわぁ~(^_^;)

時をかけるスケバン刑事 第14話 サキと黒江2

  • その歴史で動いていた、というのがちょっと感動。箸休め的な公園のおばちゃんエピが、全然箸休めじゃなくて今回のことを示唆していたんだなぁ。
  • おじさんは完全に正体バレしたので、ついに帽子とマスクを取った! 年取った黒江が出てきた。
  • 今の俺(=黒江)とアイツ(=灰崎?)のために。いろいろと過去と現在が繋がってきたので、物語の終わりも近い?

Re:スケバン刑事 第10話 3匹の蛇編8

  • 思い出してもらうための最終手段として、本家とは時間差で「おさわり」来た。
  • ツルツルから野球部並の短さでトーン処理に。これはこれでカワイイよ。悩む過程が省かれてたので衝撃度アップ!
  • 長髪男は嫌い。アイツは特に嫌い。ふーん…(^_^;) どこまで物語が描かれるんでしょ? 本家だってこの頃は誰が予想した!?だよね。
  • 今回本家からは、先にも書いた三平が長髪どうしようと悩むところの他に、詠巳を後押ししたベテラン画家永田が疑問を抱くところと、東京タワーネタが省かれてたけど、永田の疑問は微妙だけど東京タワーネタは次回当たりに入れてくるかな。贋作バレの決め手だもの。
  • バイクレースにいっぱいギャラリーいて賭けてる。説明描写だけど分かりやすくていいな。レース出走時間が迫る、そこにズザザァーッ!と三平からの新しいバイクでレース会場に登場のサキと、乗るバイク描写が格好よすぎてシビれた!
  • いよいよサキv.s.亜悠巳のレースが始まる!で「12月号につづく」あー、続けて読みたいところ!
  • 素人の描けないおばちゃんが言うのもなんだけど、もうちょっとデッサンの練習を…。なんか相変わらず上半身と下半身のバランスが超絶変なサキちゃんがいて、ガックリする…。セーラー服の上着裾から、スカートのウェストラインが見えるのはいいのだけど、そのウェストの細さと上半身は繋がりませんよ?的な…。

コミックス4冊購入全員サービス

  • 複製原画2枚セット!送料の負担有りでも太っ腹企画!
  • 某薔薇王が、最終巻+学パロ1巻で「オリジナルカードの全サ」やってたので、期待はあったのよぅ。ReとPreそれぞれ2巻が同時発売と聞いてから、絶対に何かある!と。やっぱりあったわぁ~(^o^)
  • 新装版コミックスの方でもお蔵出し的なラフ画がいくつか収録されてたけれど、ここでも!(^o^) フキダシが描いてあるので没原稿ですかね。
  • そしてもう1枚の方はカラー画。HC版8巻の巻末に「サキよ永遠に…スケバン刑事総括アルバム」という作品まとめが載っていて、それの扉ページに使われている絵。本編の扉絵ではないし、予告カット類にも見当たらず、でもどこかで見た覚えが。探して探して。1976年(昭和51年)花とゆめ18号と19号で行われた「懸賞品ジグソーパズル」に使用されていた。たぶんこれが初出で描き下ろしだったのかな。パズルの大きさはA6判くらい。
  • 応募券集め、前回の6枚に比べれば今回は4枚、ハードル下がった!

予告

  • 表紙裏でコミックス購入の全サに目が行って、まずそちらにページを飛ばしたので、また巻頭に戻って予告ページを見た時は驚きしかなくて! は?え?はぁ?(目ゴシゴシ)
  • しかしよく見ると、Pretend扉の前ページも予告。なぜここで気づかなかったの!?と(^_^;)
  • ファンロードの対談記事は青刷り1色ページ、印刷も粗めだったので、構図は分かっても色味まではつかめず、今回予告の小さなカットでもカラーで見られて大興奮!
  • BIGだからB5判より大きい=もれなく折り目つき!……なのが悲しい。折り目なしのが欲しい。
  • 予告キャッチコピーあの幻のイラストがポスターに!とか(^_^;) 私もTwitterで「森勇気さんに贈られた」だの「サキと神さんのウェディング画」等、当たり前のように(みなさんが知っている前提で)書いたけれど、大昔の『ファンロード』対談記事&対談レポート漫画を読んだり、誰かから聞いて知っていないと何が何やらさっぱり?な案件よね。
  • こちらも2枚セット。もう1枚はどんな絵柄かしら~? 今はまだ「見てのお楽しみ」で予告には出てなかった。11月号の表紙には載るかな。
  • もう1枚も、ポスターだから見栄え良くカラー画だろうとは思う。しかしウェディング画を超えるレア度が高いカラー画も、そうそうない気が……(^_^;)
  • 鉛筆画のお蔵出し未公開ラフ画だったとしても、もちろんウェルカム!

待ち遠しい11月号は2022年10月6日(木)発売!(^_^)

NEWS】プリンセス10月号好評発売中!次号予告に大注目!

秋田書店『月刊プリンセス』2022年10月号が発売されました。プリンセス 2022年10月号 | 秋田書店

『スケバン刑事Pretend』第11話、『時をかけるスケバン刑事』第14話、『Re:スケバン刑事』第10話、スピンオフ3作品がそろって登場です。

9月は本家『新装版スケバン刑事』11巻12巻発売でついに完結、また『Re:スケバン刑事』『スケバン刑事Pretend』それぞれ第2巻が発売されることから、再びコミックス帯応募券によるキャンペーンが展開されます。今度は読者送料負担になりますが「応募者全員サービス」で、複製原画2枚セットだそうです(^_^)

そして!さらに大注目なのは次号11月号の予告。11月号には和田さん画のポスター2枚がセットでふろくになります! 2枚の内の1枚はサキと神さんのウェディング姿が描かれた、森勇気さんに贈られたという幻のイラストです!もう大興奮!

各電書サイトで配信されている、プリンセス10月号の試し読み範囲でも11月号の予告ページが見られますので、気になる人はチェックしてみてください。

ポスターは紙版のみなのか、デジタルポスターとして電子版にも付くのか、まだ分かりません。来月を待ちましょう。11月号は2022年10月6日(木)発売です。

雑感記】プリンセス2022年9月号……をポンっ!

※作品のネタバレありです。未読の人はご注意ください。

スケバン刑事Pretend 第10話

  • 前回「盗撮問題」で人目の多いコンピューター室での刻印浄化の様子を千里から聞いた文哉は、ミカ=プリシードの意味と役割を分析する。プリテンド、プリンシプル、プリシード、それぞれの意味通りに役割が違うっぽい。1個のヨーヨーが3個に分裂=3人でサキ1人分の計算? 攻撃、分析、防御の能力別に分けた!?
  • 城長には口止めを。ってことは浄化本人には記憶がある!?それとも盗撮のいきさつ!?
  • PC部の部長、水木玲衣が柱部分の登場人物紹介に載ってる! やはりメインキャラ。名前の解読は…まだ出来てない(^_^;)
  • 同じビンゴカードがタカノメ内のゲームに登場してる!(@_@)
  • 今回の事件「切り貼り捏造動画」で一人の生徒の人生が終わりそうに! スマホやネットの意味はわからずとも「リンチだ」と断言する(仮称)サキ。今時のあるあるをうまく組み込むなぁ。

Re:スケバン刑事 第9話 3匹の蛇編7

  • 今回50Pで本家の2話分。本家3匹の蛇逆襲編1話2話を合体させて、純子の墓前に誓うところから海槌への挑戦状までが描かれた。よりスピーディーな展開。
  • 三平、本格的に登場!思い出してもらうためにお尻を……の前に分銅つきチェーンが飛んできてセクハラ表現回避。現代の風紀に合わせて気を遣いますなぁ。
  • 知らん。どっかへいけ。そう言われて両手挙げて「あ~ん」なんて嘆く三平がなんか可愛くて。
  • 分銅つきチェーンからの、純子の鈴を鳴らして反撃に出るサキ!連続アクションのコマが続く、格好いい!(^o^)
  • なんといっても投げられたバイクからオイル漏れして、それが時間差でドッカーンと爆発! 炎を背にしてサキの心とシンクロさせた海槌への挑戦状ですよ!私大興奮!(^o^)
  • バーでヨーヨーの「中身」を見せられ、海槌への挑戦状叩きつけを見てもなお、沼さんがまだ疑問形なのは、ある意味リアルか。

ふろく

  • 先月号の予告「画像はイメージです」の通り、本物は新装版10巻カバー絵。この絵柄のある方は実は裏側で、切り込みのある表側はシルエット柄。このシルエットの元画どこから抜き出してきたんだろう? そしてこれがまたシンプルでかっこいいのよぅ!(^o^)
  • アンケートの項目に、ふろくの感想は定番。今月はこのクリアファイルの感想と和田慎二先生へのメッセージを聞かせてね。の項目があるので、紙版9月号を買った人はアンケート送ってみては? 今の気持ちを伝えられて、運が良ければ何かが当たる!(^_^)
  • オリジナル「スケバン刑事」特製クリアファイル……このオリジナルという言葉、私は最初「プリンセス誌独自の」という意味に解釈していたけれど、たぶん「本家和田慎二版の」の意味だろうと。
  • 梱包は書店側の問題だけど。B5判の雑誌に同じB5判のクリアファイルふろくだと、本に挟み込んで輪ゴムがけする場合、気をつけないとクリアファイルに多少の反りやらなにやら。クリアファイルをA5判にすれば挟み込む場合、スッポリと収まるのになぁ。

2022年9月6日発売の10月号はそれぞれ9月にコミックス第2巻発売!『Re:スケバン刑事』『スケバン刑事Pretend』両作センターカラーで登場。今月も休載だった『時をかけるスケバン刑事』も8月7日付けの室長さんのツイートでどうやら再開予定のようです。