Fanfic.】 ナナとゆかりの悩み相談室

※これは1995年当時のネタです。

こんにちはフラワードリームナナです(以下 )。ゆかりさん、よろしくお願いします。

黒沢ゆかりです(以下 )。なんで、あんたが先なのよ? だいたい、あんたと組んで他人の悩みなんか、解決できそうにないわ。[続きを読む……

Fanfic.】 ホテル

 公衆電話を見つけた神は、渋滞で混雑する状況でその行動を取るのは、あまり歓迎されないと思ったが、早めに左のウィンカーを出し、ぎりぎり寄れる所まで左に寄せて、車を路肩に停車させた。[続きを読む……

Fanfic.】 雪の日に

 雪が降っていた。その日は例年にない大雪で、積もるだけの人淋しいビルの屋上は、それほど待たずに銀世界に染まっていった。
 そして、そこにサキがいた。屋上の柵に腕を載せ寄りかかり、背中を小さく丸め、それでも顔だけは上げて、遠くに見えるビルの群れを眺めていた。[続きを読む……

Fanfic.】 TOP SECRET

 警視庁の庁舎上階。「闇の警視総監」とも言われる暗闇警視の部屋に、警察の上層部、それもトップクラスのエリートたち十数人が、秘密裏に集まって来ていた。[続きを読む……

Fanfic.】 本命だからこそ…?

 深夜の南青山を、かなりのスピードで飛ばしている一台の車。神恭一郎のポルシェだった。助手席には、熟睡…というより泥酔したサキが乗っていた。[続きを読む……

Fanfic.】 あいつ

 あたしが、あいつの事務所に初めて行ったのは、鷹ノ羽高校に戻る前日。母さんが「幽霊」と知り、正式に「スケバン刑事」を承諾したあの日から、2日後の事だ。[続きを読む……

Fanfic.】 銀色の招待状

 ある日の午後。
「ちわぁー。郵便でーす。いいかげん、郵便受け、付けて下さいよぉ。頼みますから~」
 毎度おなじみのセリフと共に、配達員は郵便物の束を女性に差し出す。[続きを読む……

Fanfic.】 お嬢さん社長の結婚式

 月光の絹~ムーンライト・シルキス~と名付けられた新繊維のヒットにより、倒産を免れた浅野繊維。社長を継いだ時は、まだ高校生だったユミも、社員の協力の元で学業と社長業を両立し、無事に大学を卒業した。[続きを読む……