67年間の略歴

◆昭和23年(生前の公式データでは26年)6月26日、京都に生まれる。(TVガイド 1978年3月24日号のプロフには昭和23年で記述され、年齢ももう三十です。と答えている)出身地が一部では兵庫(西宮市)になっているのは、中学生の頃、夏休みを祖母宅で過ごしていたからか?(甲子園の夏 スタジオ191のブログ

◆小学生の頃、病気で父を亡くす。銀行員だった父親と九歳で死別TVガイド 1978年3月24日号より)オヤジが、僕が小学校3年生の時に、”圧迫性脊髄炎”っていう病気で急死しちゃいましてね。月刊SAY 1985年11月号より)その後も短期間で父方、母方、両方の祖父を亡くす。(レインボータウンFMわれらSTUDIO191番組中のトークより)

◆高校卒業後に上京し、191cmの高身長を活かしてモデル(ショーモデル、コマーシャルモデル)として活躍。モデルの仕事の合間には喫茶店のウェイターとか印刷工、真珠のセールスマンとかいろんなアルバイトやってきたんです。月刊SAY 1985年11月号より)いろいろな職業を経験。

◆モデル時代には常時2~3社のコマーシャルに出演。

◆俳優業はまずモデル時代に映画新宿酔いどれ番地 人斬り鉄に出演。その後、「姿三四郎(勝野洋版)」の津久井譲介役で正式デビューだが、もしかしたらそれは「太陽にほえろ!」だったかもしれない。私はデビュー作が『太陽にほえろ!』になるはずがダメになったことがあって(東映ヒーローMAX Vol.8より)太陽にほえろ! 「男たちの詩」はテスト出演だったとされる。山下真司さんとスニーカー役を最後まで競い合った、前任者ボンの殉職時期が延びて山下さんに決まってしまった、との噂。またデューク役の時にも候補に挙がったとの噂も。

◆1986年(昭和61年)5月、東京宝塚劇場での「三味線お千代(東京初演)」崎津要役で舞台デビュー。

◆1986年(昭和61年)5月、クラウンレコードよりシングルレコード「本牧Lonely Night」(本牧Lonely Night/黄昏貴族)で歌手デビュー。親戚も知らなかったというのを一枚だけ(私設FC会誌より)

◆1990年(平成2年)より俳優塾「スタジオ191」開設。一種の演技研究所を主宰しててねあの人は今こうしているより)後進育成として、プロダクションから預かった若い役者の指導を始める。その後、2006年(平成18年)より一般の塾生も募集。一時は名古屋校も開設されていた。(深夜に名古屋校のCMが流れていたとの噂)

◆闘病について週刊現代 2013年6月15日号で告白。

◆2015年12月19日 午後9時33分、神奈川県相模原市南区の病院で、直腸癌のため67歳で永眠。(永眠


◆芸名履歴(管理人が把握した時点なので実際の期間とは異なる場合があります)

  • モデル時代は本名の福中康治で活動。
  • (たぶん俳優として)一番最初に所属した事務所の社長が「中康次」と命名。なんか字画が次の方がいいって言うんで、そうしたんですけどね(私設FC会誌より)
  • 1986年(昭和61年)初頭より「中康治」に。
  • 2003年(平成15年)12月頃より(仮面ライダー55545話以降)「中康次」に戻る。
  • 2004年(平成16年)8月頃より「中孝舟(なか こうせい)」に。
  • 2006年(平成18年)初頭より「中康次」に戻り、最期まで。

◆所属事務所履歴(管理人が把握した時点なので正確な所属期間はわかりません)

  • 1985年(昭和60年)スケバン刑事の頃は「人間プロ」に所属。(長門裕之さんの事務所)
  • 1987年(昭和62年)8月頃は「フェニックスプロモーション」に所属。
  • 1990年(平成2年)4月頃は「伊藤事務所」に所属。
  • 1993年(平成5年)ダイレンジャーの頃には個人事務所「クラカジャック191」(後に「クラッカジャック191」表記に)所属に。その後、クラッカジャックを母体とした「スタジオ191エンターテイメント」で最期まで。
  • クラカジャックとは一級品とか一流品とかいう意味らしいですよだそうで、それに僕の身長つけ足したんですということだったようです。(どちらも私設FC会誌より)